傷跡が残らない

バストに傷を残したくない

メリハリのあるボディラインを作るためにはバストの豊かさが大事です。スリムな体型の人はバストのボリュームが足りないことで悩んでいる人も少なくありません。そのような場合も豊胸手術で大幅なバストアップが可能になりますが、傷跡が残ることに抵抗を持つ人もいます。シリコンバッグを挿入するときは、脇の下やバストの下部分で切開をすることが多くなっていますが、その傷跡で美容整形をしたことがわかってしまう可能性もあります。傷跡を残さずにバストアップを実現するなら、脂肪注入による豊胸術も検討してみましょう。バスト部分には採取した脂肪を注入しますので、バスト部分の切開はありません。ヒアルロン酸注入も人気の高い施術ですが、自らの脂肪を使うのでより柔らかく、見た目も自然であることがメリットです。

吸引部分に傷ができる

脂肪注入でバストアップをする場合は、まずは脂肪を採取する必要があります。脂肪の多い太ももやヒップ、お腹などから脂肪を取ることが多くなっていますが、このときは少し切開もしますので、脂肪吸引部分に傷ができることは理解しておきましょう。この場合も、できるだけ傷が目立たないところを選ぶので、他人に知られる心配はほとんどありません。そして、傷跡も時間の経過とともに目立たなくなっていきます。脂肪吸引をする場合も、吸引したい箇所を選ぶことができますので、バストアップとともに部分痩せが実現できるのも他の豊胸治療にはない魅力です。生着率をあげるためには、できるだけ脂肪に含まれる不純物を取り除くことも大切です。脂肪注入法も色々な種類がありますが、理想の仕上がりを得るためにも、最新の治療を導入しているクリニックを選びましょう。