自然なバストを実現できる

施術の際に自分の皮下脂肪を使うため後遺症やアレルギーも安心

豊胸の方法の中でも人気が高まっている脂肪注入法は、施術の際に事前に採取した自分の皮下脂肪を使うため、外科手術と比べて後遺症やアレルギーが起こるリスクが少ないといった魅力があります。また、長期にわたり自然なバストを実現することができるため、身だしなみを気にしている人や、ファッションにこだわりたい人から支持が集まっています。脂肪注入法は、ヒアルロン酸注入法などの美容注射と比べると費用が掛かりますが、一度施術を受けることで数年にわたり効果が持続するため、通院の必要が無いというメリットもあります。そこで、バストの大きさや美しさなどを重視している人は、脂肪注入法の症例数が多いクリニックで診察を受けることがおすすめです。

都市部には一回の施術料金が安いクリニックの数が増えている

脂肪注入法による豊胸の施術は健康保険を使うことができませんが、都市部の美容外科や費用皮膚科のクリニックをはじめとして、一回の施術料金を安くしているところが増えています。特に、多くのクリニックが立ち並ぶエリアにおいては、脂肪注入法の効果や安全性だけでなく、費用の安さをアピールしているところも多く見られます。そうした中、脂肪注入法を受けて理想的なバストを目指したい人は、二つ以上のクリニックでカウンセリングを受けたり、ベテランの医師から術後の経過についてアドバイスを聞いたりすると良いでしょう。なお、術後の身体的なダメージを少なくするうえで、必要最小限の量の脂肪を注入してくれるクリニックを探すことが肝心です。