カップ数を大きく上げられる

手術を受ける前にバストアップのシミュレーションをしてもらおう

シリコンバッグ豊胸は、全身麻酔下で手術を行うため少なからず体に負担が掛かりますが、ヒアルロン酸や皮下脂肪を使用する方法と比べて、短期間でカップ数を大きく上げられるといった魅力があります。また、挿入するシリコンバッグの種類によっては、ボリュームを出すだけでなく、形を綺麗に整えることができる場合もあります。そのため、信頼できる医師と相談をしてシリコンバッグ豊胸の効果やリスクについてきちんと把握をすることがおすすめです。また、手術を受ける前の診察時にバストアップのシミュレーションをしてもらうことで、不安を感じることなく手術に臨むことが可能です。シミュレーションの精度は、クリニックごとに違いがあるため、なるべく手術の実績が豊富なクリニックを通院先の候補に決めることがポイントです。

手術の方法によっては術後に定期的な通院が必要ないこともある

シリコンバッグ豊胸の効果は、手術に使用するシリコンバッグの耐用年数や素材によりますが、長く続くケースが多いため術後に定期的な通院が必要ないこともあります。そうした中、お金や時間の理由でなかなかクリニックに通院をするのが難しいという人は、術後の通院が不要の手術を受けられるクリニックを探してみると良いでしょう。また、シリコンバッグの大きさや患者の肌の状態によっては、術後に一時的に腫れや痛みなどの症状が現れることもあります。そのため、長期にわたり理想的なバストの状態をキープしたいという人は、術後のアフターケアの対応が優れているところや、腕利きの医師が在籍しているところにお世話になることが重要となります。