ダウンタイムが少ない

バスト部分へのダメージが少ない

美容整形には、本人の努力だけでは改善が難しい美容の悩みを克服できるというメリットがあります。とはいえ、本格的な手術になるとダウンタイムも長くなりがちです。長期に会社や学校を休めない人は施術を受けることが難しくなってしまいます。特に豊胸は女性に人気の治療ですが、ダウンタイムを気にしてあきらめてしまう人も少なくありません。その点、脂肪を注入してバストアップを目指す脂肪注入法はバストへの痛みが少なく、目立つ傷が残る心配もありません。バストにもある程度の痛みはあるものの、処方される痛み止めで対応できる程度とされています。バストアップだけではなく、お腹や太ももの痩身が同時にできるのもこの治療のメリットです。

脂肪吸引部分のダウンタイム

脂肪注入法は見た目が自然で感触が柔らかいことでも注目されています。自らの脂肪を使うのでアレルギーが発生する心配もほとんどありません。バスト部分のダウンタイムが短いこともメリットですが、脂肪吸引部分のケアもしっかりとしておく必要があります。目立たない部分で切開をしますので、傷が目立つ心配もあまりありませんが、吸引した部分は2週間程度、腫れや内出血があるとされています。脂肪吸引をした部分をきれいに仕上げるためには、圧迫などのアフターケアも大切になりますので、自宅でのケア方法もよく確認しておきましょう。肌の色が変化することも気になるところですが、通常は目立たない部分から脂肪を採取しますので、他の人に知られる心配もありません。内出血や肌の色の変化も少しずつ目立たなくなっていきます。