半永久的な効果がある

プチ豊胸のデメリット

最近は美容整形でも、メスを使わないプチ整形の人気が高まっています。ヒアルロン酸注入は手軽にアンチエイジングができることで人気がありますが、バストアップ目的に利用する人も多くなっています。注射だけなので施術時間も短く、目立つ傷跡が残らない、ダウンタイムが短いメリットです。とはいえ、こうした治療にも欠点があります。注入したヒアルロン酸は永遠に定着するわけではなく少しずつ体内に吸収されますので、短ければ数か月程度で元の状態に戻ります。効果を維持するためには施術を繰り返す必要がありますが、そうなると意外と高額になってしまいます。半永久的な効果を希望するのであればシリコンバッグを挿入する本格的な豊胸治療も検討していきたいところです。

大幅にサイズアップができる

シリコンバッグ豊胸は、体に負担がかかるというイメージもありますが、一度の施術で半永久的な効果を維持できることがメリットです。プチ豊胸では、大幅なサイズアップが難しいという問題もありますが、シリコンバッグなら2カップ以上のサイズアップも可能です。見た目や感触が不自然にならないかという心配もありますが、最近ではより自然なバストに近い形状や質感のバッグも登場しています。さらに、被膜拘縮が起きにくいタイプやジェル漏れが起こりにくいバッグもありますので、治療を受ける際は、できるだけ高品質なバッグを選んでおきたいところです。良い仕上がりにするためにはアフターケアの良さも大事ですので、技術力はもちろん、治療後のケアも万全なクリニックを選びましょう。